コスメ・ビューティ

半袖・短パンを着る前にスキンケアを!ヒジ・ヒザの白い粉ふきはNG!

投稿日:2019年8月24日 更新日:

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

暑い時期だと「半袖」「短パン」を着ることが多くなりますよね。

涼しくて快適だし、夏場は重宝します。

ところが、半袖・短パンを着ていると目立つのが「ヒジ」「ヒザ」です。

特に何もケアをしていなくて、ヒジ・ヒザが白く粉ふいてしまっている方って男性では結構な割合で見かけますよね?

どんなに良い洋服を着ていても、これでは清潔感がなく素敵には見えないので、しっかりとケアを行いましょう。

 

何故、ヒジ・ヒザに「白い粉ふき」が生まれる?

そもそも、何故ヒジやヒザに「白い粉ふき」が生まれてしまっているのかというと、ほとんどの場合「保湿不足による乾燥」が原因です。

ヒジ・ヒザは体の中でも皮脂が出にくく、乾燥しやすいため、油分が不足しやすくなります。

この状態に加え、衣服によって擦れたり、日常動作(ヒジをつく等)の中で刺激を受けやすかったりで、皮膚表面の「角質」がどんどん硬くなっていってしまうんですよね。

これが繰り返されることで起こってしまうのが「白い粉ふき」の正体です。

 

ちなみに、これはヒジ・ヒザだけではなく、「カカト」にも同じことが言えます。

 

そして、女性に比べて男性はしっかりとスキンケアを行わない方が多いので、こうした「ヒジ・ヒザ・カカト」が白く粉ふいてしまっている方が少なくないのではないでしょうか。(たまに女性でもケアしていなくて、白い粉ふきが出ている方を見かけますが)

 

ヒザやカカトは自分でも目に付くため気づきやすいでしょうが、なかなか自分で目にすることが少ないヒジは気づきにくいです。

だから、特にヒジは白く粉ふいている方の割合が多いのだと考えています。

 

ファッションに気を配っていたとしても、肌も整っていなければ清潔感を与えにくいですよね。

何故なら清潔感というのは、服以外にも肌・髪等を含めた「その人の構成要素全て」が「整っていると感じる」ことだからです。

「清潔感」とは顔・服装・肌・髪等全てが「整っていると感じる」こと!

清潔感を受けない状態では、女性・男性を問わず好感を得にくくなってしまいます。

このことを防ぐためにも、「日常的にスキンケアをしっかりと行う」ことが重要です。

肌の「ハリ・ツヤ・弾力・潤い」が若い時に比べて損なわれ、清潔感が徐々に失われがちな我々「大人世代」は、それらをカバーするためにもスキンケアを行う必要がありますね。

 

顔以外も毎日保湿してあげることが大切

油分が不足しがちなヒジ・ヒザは、入浴後に肌の水分がどんどん蒸発していってしまいます。

そこで、保湿するための「スキンケア用品」で肌の「水分・油分」を補ってあげることが大切です。

 

スキンケア用品は、そんなに高いものでなくても良いと私は思います。

もちろん、高いものは効果も素晴らしいんですけど、かといって「お金を惜しむあまり、スキンケアを行わない」ほうが問題です。

 

だからこそ、私は「たとえリーズナブルなものであっても、しっかりとした分量を気軽に使えて継続できることのほうが重要」だと考えています。

リーズナブルなものでも、何もしないよりは毎日継続して使っているほうが、結果として肌には良いですよね。

したがって、「スキンケアにお金をかけることに慣れていなくて、まだまだ抵抗がある」のであれば、「リーズナブルなものから試してみる」のがおすすめです。(慣れてきて価値が分かるようになってきたらリーズナブルなもの以外もぜひ試してみてください。服と同じで、スキンケアもお金をかけた分だけ素敵に見えやすいものですから)

 

ナチュリエ スキンコンディショナー

スキンケア入門用としては、「ナチュリエ スキンコンディショナー」あたりが使いやすいと感じます。

化粧水の中では定番アイテムで女性にも人気ですね。

しっかりと保湿できる上に、リーズナブルな価格ですから気軽にジャブジャブ使えます。

私も全身ボディ用の化粧水はこれを長年愛用していますが、価格を考えると保湿効果はなかなかだと感じ満足度は高いです。(ボディだけではなく、当然顔にも使えます)

 

化粧水は「チマチマとケチって使う」のはあまり好ましくなくて、「充分に効果を発揮するようにしっかりと使う」ことがポイントになります。

化粧水を取った手で肌を押さえるようにしてから、たっぷりと2〜3回重ねづけしてみてください。

肌が「ひんやりとした感じ」になったら、しっかりと肌に水分が浸透したサインです。

 

薬用ユースキンS クリーム

保湿をしたらそれで終わりではありません。

水分を入れた肌に「フタ」をしないと、せっかく保湿したのにキープできないからです。

おすすめなのは「乳液」よりも「保湿クリーム」で、「薬用ユースキンS クリーム」が使いやすいと思います。

ベタつかずサラッとしていて、使い心地の良い保湿クリームです。

「赤ちゃんの肌にも使える」というくらい肌に優しいため、安心して使えますね。

私は化粧水の後に乳液代わりとして顔にも使っています。

 

ワセリンHG

特に乾燥肌の方や、冬場の乾燥した時期におすすめな保護剤が「ワセリンHG」です。

なかなか業務用的な見た目なので、キャッチーさは無いんですけど、皮膚保護効果に関しては右に出るものはいないですね。

「これでダメなら医者に行くしかない」と言えるくらいのものかもしれません。(とはいえ、医療機関で出てくるのも、これとほぼ同じような成分のものですが。私は家族に医師がいるんですけれども、同様のことを言っていました)

 

ヒジ・ヒザのケアだけでなく、冬場の「手荒れ」「唇荒れ」にも使えます。

ワセリンって他にもたくさんあるんですが、中には「ニオイがキツい」「ベタつきが多い」といったものもあるんですよね。

私自身、結構色々なものを試した結果、このワセリンは「ニオイは無臭」だし「ベタつきもほぼ無い」しで、全てにおいて優秀といえるものです。

用途も多岐に渡るため、正直、「どの家庭にも1つは置いてあっても良いくらい」だと感じます。

 

ハウスオブローゼ Oh! Baby ボディ スムーザー N

既に乾燥してしまっていて白く粉ふいている方だと、そのままの状態では角質が硬化していて、なかなか保湿スキンケア用品が浸透していかないです。

中には「黒ずみ」ができてしまっている方もいるかもしれませんね。

 

解決するには、硬化してしまった古い角質を取り除いてあげないといけないんですが、長い間放置されていた方だと、これが結構大変だと思います。

よく「軽石なんかで擦って取る」といった手段を用いられ、多くの方が難儀しているはずです。

 

そうした場合には、「ハウスオブローゼ Oh! Baby ボディ スムーザー N」を試してみてください。

 

 

かなり可愛らしいデザインのパッケージですよね。(もしかしたら男性には気が引けるかも)

「粒の異なる3種のスクラブ」が肌の古い角質を優しく落としてくれ、滑らかな肌にしてくれます。

ポイントは、「一度に落とそうと焦らず、何日か時間をかけてゆっくりと落とす」ことです。

お風呂で「マッサージするように優しく塗り込む」ことで、数日後には見違えるくらい「スベスベ肌」になりますよ。

 

半袖・短パンを履く前に、しっかりとスキンケアを行おう!

清潔感を失わないためにも、半袖・短パンを履く前に、ちゃんと日々の生活の中でスキンケアを行いましょう。

洗練された大人は、ヒジ・ヒザ・カカトを含めた全身をしっかりとケアすることが重要です。

一日たった数分のスキンケアで肌はちゃんと蘇ります。

面倒に感じたとしても、毎日の習慣にしてしまえば苦にはならないので、「いつかちゃんとしよう」ではなく、今日から実践してみてください。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

-コスメ・ビューティ

Copyright© 普通の大人のためのメンズファッションブログ , 2019 All Rights Reserved.