カジュアルファッション

ジーンズを大人っぽく着こなすには?選び方とコーディネートのポイントを紹介!

投稿日:2018年10月20日 更新日:

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

ファッションの定番となったジーンズ、誰もが一度は履いたことがあるアイテムだと思います。

ジーパンと聞くと何だか古臭い印象を受けますが、ショップではデニムと呼ばれていることもありますよね。

 

大人になって着用する人・しない人がハッキリと分かれる傾向にあるジーンズ、あなたは履かれていますか?

私はコーディネートでジーンズを重宝していますが、人によっては自分には合わないと敬遠する方もいます。

 

定番のアイテムだからこそ適当に選ぶのではなく、しっかりとした審美眼を持って購入したいですよね。

大人のファッションにふさわしいジーンズはどのようなものを選べばいいのでしょうか?

 

客観性を持ったアイテム選びが重要

ジーンズは敬遠する方がいる一方で、こだわりが非常に強くコレクターと呼べる程たくさんの本数を所有している方もいます。

収集すること自体が目的なら構いませんが、コーディネートを素敵に見せることが目的なら数は重要ではありませんので、本当に使いやすい着回しのきくものだけで充分です。

 

マニア気質を発揮しやすいアイテムといった側面も持っているため、こだわりが強すぎて周りから理解されないコーディネートになっている方も多く見られます。

ファッション全般に言えることですが、いくらお金を惜しまずに購入したものでも一点豪華主義ではコーディネートは素敵に見えません。

 

せっかくお金をかけて購入するのであれば素敵に見られたいですよね?

そのため、ジーンズにおいても自分のこだわりばかりを全面に主張しすぎない客観性を持った選択をする必要があります。

 

シルエット

どういったシルエットのジーンズを選ぶかについては人によって意見が分かれます。

ブーツカット(ベルボトム)等のシルエットのものは一昔前は流行しましたが現在はそうではないため、古臭く見える可能性があるので避けてください。

ストレートは昔からの定番シルエットで、これこそが王道のジーンズにふさわしいといった声もあります。

私もこれまで数多くのストレートシルエットを購入してきましたが、良くも悪くもその方の体型をそのまま反映してしまうので、体型補正の効果を得たい方はそれ以外を選んだほうがいいでしょう。

 

トレンドだったものから現在は定番化されたのがスキニーシルエットとテーパードシルエットです。

どちらを選ぶかについては論争が度々起こりますが、絶対にこっちがおすすめ!ということはありません。

それは履く人の足の形で合う合わないが出てくるためです。

 

スキニーを履ける方にはそれで問題ありませんが、ガッチリ体型やぽっちゃり体型の方がスキニーを履いてしまうと、足本来の形がクッキリとあらわれてしまい女性ウケ・一般受けも悪いです。

そういった方にはやや緩めなテーパードシルエットのものを選んだほうがいいでしょう。

 

生地

最近のジーンズはストレッチが効いていて履き心地の良いものが様々なブランドで見られます。

これについては賛否両論あり「綿(コットン)100%のジーンズ以外は本物のジーンズじゃない!」と主張している方も多くいます。

私はジーンズの見た目も履き心地もどちらも大事だと考えているため、ストレッチ入りのものも全然悪くないと考えていますし実際所有しています。

 

ただし、気をつけなくていけないのはストレッチ入りのジーンズは体型を無視して履くことが出来る点です。

ある程度生地が伸びるため、本来なら履けないくらいタイトなものも履けてしまうので適正なサイズ感を掴めなくなってしまいがちです。

特にスキニーの場合、たまに足が生地に食い込みすぎてハムみたいになっている方もいますが、非常に見栄えが悪いので注意してください。

そこまで無理してタイトなサイズを履く必要はないですので、あくまで自分の体型に合ったサイズを選びましょう。

 

ダメージ加工

若い方の間でダメージジーンズが定期的に流行しますが、大人のファッションには合わせづらいので無理して取り入れる必要はありません。

中でもクラッシュデニムと呼ばれる激しいダメージ加工を施しているものについては避けたほうが無難でしょう。

 

ロールアップ

コーディネートでこなれ感を出すためにロールアップは簡単な方法ですが、やり方を間違えると逆効果となるので注意です。

町を歩いているとロールアップをしている方を見かけますが、その多くは幅が太すぎです。

これくらいの4〜5センチ以上の幅でロールアップしている方が少なくないですが、子供っぽく見えますし靴とのつながりも悪くなるためやめましょう。

理想的なのは2〜3センチ程度の幅です。

これくらいの幅で充分印象が変わるので試してみてください。

ロールアップの回数も何回も巻かなくても大丈夫です。

多くても2回で良いですし、私は1回折り返すだけの時も多いです。

ショップスタッフも1回折り返しだけの方がとても多いですね。

ぜひ細めの幅を心掛けてロールアップしてみてくださいね。

 

使いやすいジーンズ基本の3つ

どのショップにも数多くのジーンズが販売されていますが、使いやすい基本のタイプは3つです。

これらのアイテムそれぞの特徴と選ぶポイントをご紹介します。

 

ブルージーンズ

ジーンズの中でも最も一般的に馴染みのあるものがブルージーンズです。

あまりにも一般的すぎるため軽視している方もいますが、ジャケット等のカッチリとした上半身に対してブルージーンズを合わせると程良くドレスダウンさせることができるためおすすめです。

 

色選びについては大人のファッションの観点から注意するべき点があります。

かなり色落ちの進んだアイスブルーと呼ばれる薄めの色のデニムが流行した時もありましたが、大人のファッションには難易度が高いので濃い目の色を選んでみてください。

おすすめはリジッドデニム・ワンウォッシュデニムです。

 

リジッドデニムは未洗いの生地で、多くの場合製造工程でつけられた糊が生地に残っています。

これを落とさずに履き続けていわゆる生地のアタリを出すのを楽しむ方もいますが、履き心地が悪いままなので私は履く前に糊落としを行うことが多いです。

糊落としは洗濯機にかける・水だけで手洗いする等様々な方法が紹介されています。

私もこれまで色々試してきましたが上記の方法では糊が落ちきっていないことが多いので、洗剤を入れないお湯だけを張った浴槽にジーンズをつけて置いておくことでいつも糊落とししています。

ワンウォッシュデニムはその名の通り一度洗いをかけたデニムですので糊落としの作業が必要ありません。

 

どちらを選んでも色落ちしすぎていない上品な色ですので大人のファッションに使いやすいです。

洗濯を長年していくと段々と色落ちしていくものなので、あまりにもくたびれた色になる前に定期的に買い替えを行いましょう。

 

ホワイトジーンズ

チャレンジしたことのない方も多いアイテムがホワイトジーンズです。

そのため様々な思い込みがあることも事実です。

「夏に履くものだから着られる時期が短い」「かっこつけのキザな人だけが着るアイテム」といった意見が多く見られますがどちらも誤解です。

男性のファッションだけでなく女性のファッションにも有用性が高いので、男女問わずおすすめできるアイテムです。

 

まず、ホワイトの色が夏を連想させるのでしょうが実は通年で使える色です。

というのもメンズファッションは全体的にコーディネート全体がダークトーンになりがちです。

そのため冬場は特にアイテム数も多く、全てダークトーンでまとめてしまうとコーディネートが重く見えてしまいます。

これにホワイトジーンズを合わせるだけでコントラストがついてコーディネート全体の完成度が高まります。

 

次に、キザな印象を受ける点ですがこれはアイテム選びに問題があります。

一言にホワイトジーンズと言っても様々なものがありますが、センタープレスが入っていると難易度が高く感じるのではないでしょうか?

そこで、初めてのホワイトジーンズには、センタープレスが入っていないものを選んでみてください。

ちなみに、センタープレス入りのホワイトボトムスも使いこなせると非常に素敵なコーディネートができるので、慣れてきたらぜひチャレンジしてみてください。リラックス感のあるトップスと合わせると相性が良いです。

 

そして、キザな印象を与えないためには、アイテムそのものだけでなく合わせる他のアイテムにもポイントがあります。

それは靴とベルトに白と黒を使わないことです。

ホワイトジーンズに白靴の方は街でもたまに見かけますが、イケイケ感を出してしまいますのでやめたほうが良いでしょう。

 

また逆に、多くの男性がこれらのアイテムに黒を使ってしまいがちですが、それだと隣り合うアイテム同士でコントラストがつきすぎてしまうためキザな印象になってしまいます。

黒の革靴を持っている方も多いと思いますが、ホワイトジーンズに合わせてしまうと革靴のカッチリ感を黒の持つ色の効果がさらに強めてしまうので避けてみてください。

革靴を合わせるのであればダークブラウンがおすすめです。

中でもスエード素材のダークブラウンのローファーは、ビジネスライクになりすぎずにリラックス感もあるためカジュアル使いしやすく、特におすすめで私もよく用います。

スニーカーであればグレーやネイビーの色のものを合わせてあげると、カジュアル感がキメ感を緩和してくれるので試してみてください。

 

ベルトに関しても表革の黒色のものを合わせるのではなく、ダークブラウンのレザーのメッシュベルトを合わせると相性がいいです。

ベルトをそもそもしないというのも全然アリですので、合わせやすいものを持っていない方はつけなくても構いません。

 

「白は汚れやすいから嫌だ」という意見もありますし事実ですが、ブルージーンズと違って色落ちを気にせず洗濯できるのもホワイトジーンズの良い点です。

特別な日用ではなく、むしろ日常使いできるアイテムですのでどんどん履いてガンガン洗濯して活用してみてください。

 

ファッションにおいておしゃれの足を引っ張る最大の敵は、実は自分自身が持つ思い込み・先入観・固定概念だと私は常々考えています。

そのため事実をいかに自分の考えや認識の中で精査し本質を見抜けるかが大事なことです。

ポイントさえ押さえれば大人のファッションに非常に有用性の高いアイテムですので、ぜひこれまでの自分自身の殻を壊してみてください。

最初の一歩さえ勇気が必要ですが、慣れれば新しい自分の価値観との出会いが楽しめるようになり、ファッションにも幅が出てより一層素敵になれるはずです。

 

ブラックジーンズ

ここ数年で定番となったブラックジーンズです。

特にスキニーブラックジーンズはあまりにも浸透してしまったため、独自性を出そうとしているのか否定的な意見をされている方も少なくないです。

そのような逆張りの意見を私はしない主義ですので、良いものに関してはあまのじゃくにならず素直に良いと取り入れたほうが賢いと考えています。

定番化されたものですが大人のファッションにも相性はよく、コーディネートしやすい優秀なアイテムとして活用することをおすすめします。

上半身のアイテムまで黒だとさすがに重くなってしまいますし、なによりキザに見えるので避けたほうがいいですが、デニムシャツやシャンブレーシャツなどと合わせるとこなれた雰囲気に見えるので素敵です。

 

大人の休日ファッションにもっとジーンズを活用しよう

若い時にジーンズを履いていた方も多いと思いますが、ポイントさえ押さえれば大人の休日ファッションらしいリラックス感を簡単に出せる優秀なアイテムなので活用しない手はありません。

今回は、ジーンズを大人っぽく着こなすための選び方とコーディネートのポイントをご紹介しましたが、次回は具体的なおすすめブランドをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

-カジュアルファッション

Copyright© 普通の大人のためのメンズファッションブログ , 2019 All Rights Reserved.