ファッション分析・考察

ファッションでの「セールには行くな」は半分正解!?セールをうまく活用してコーディネートをさらに素敵にしよう!

投稿日:2018年12月11日 更新日:

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

いよいよどこのセレクトショップでもセールが始まってきましたね。

私も会員先行セールで欲しかったアイテムを無事手に入れました。

セールは普段よりもお得に購入できる機会として人気がありますよね。

普段よりもたくさんの方が訪れて店内が人で多くなるのがセール時期です。

 

「セールには行くな」の理由とは?

ファッション業界の方は「おしゃれになりたいならセールには行くな」と主張していますが、果たして正しいのでしょうか?

このことについて私も半分程度は正解だと考えています。

セール反対派の意見としては、

  • 値段が理由での買い物は冷静な判断が出来ていないからNG
  • ショップ店内が人で多いから落ち着いて見られない
  • そもそも本当に良いものならセールには残っていない
  • 買っても着用できる期間が短い

などが理由としてよく挙げられています。

 

誰にとって「セールは良品が残っていない」と言うのか?

値引き率によって冷静な判断が出来ないのは私自身も今までに散々痛い目にあっていますし、店内の人が多すぎて試着にも困るのも理解できます。

ですが良いものはセールに残っていないという主張は、発言する方の見方や立場・価値観によって変わってくるはずです。

 

一部のアイテムで早々に完売して在庫が無くなってしまうものも確かに存在します。(特にドメブラは多い傾向にあるように感じます)

毎年リリースされるアイテムを見ていると分かりますが、こうした早期完売アイテムはエッジが効いているもの・こだわりが詰まりすぎているものも多いです。

かなり高額なものにも多いので、セールに良品は残らないというのは一部のファッションにハマりすぎている方たちの意見だと感じてしまいます。

大人向けの使いやすいアイテムは大抵の場合、ごく一部のアイテム・カラー・サイズを除いて長い期間販売されていますし、それらがセールに残ることも少なくないです。

特にセレオリで充分という方はセールにおいても選択肢は多いと思います。

 

業界のセール前倒しによってシーズンの最中にアイテムが手に入る現状

そして、セールだと購入後に着用できる期間が短いというのも以前はそうだったのかもしれませんが、最近の各ショップ・ブランドのセールはかなり早いです。

昔に比べ異常とも言えるほどプレセールを含めたセール時期が前倒しになってきているので、まさにその時期に着たい服が値引きされた金額で購入できるのが現状です。

私も購入したばかりのアイテムがすぐに大幅値引きされた悲しい経験がたくさんあります。

そうした経験をすると定価で購入するのを皆が慎重になってしまうのも仕方ありません。

 

この業界の歪さについて言及されている方も多く、ルミネ取締役会長の新井良亮氏もその一人です。

新井氏は「多くの企業が単年度決算にとらわれ、特に売上ばかりに固執している現状が挙げられる。本当に重視すべき指標は売上ではなく利益」といった趣旨の発言をされており、私は素晴らしい経営哲学だと感じます。

そんな新井氏の哲学のもとルミネはセール時期を毎年遅らせる努力をしています。

売上に響いてしまうのではないかと危惧されますが実際はそんなことはなく、事実、ルミネの営業利益は前同をクリアしています。

これは厳しい業界内で称賛されることであり、新井氏の存在感が特別な輝きを放っています。

 

顧客としてセールとうまく付き合うのが賢い選択

とは言え、業界の心配も大事なのでしょうが、セールというものがある以上それを活用しないのももったいないですよね。

同じアイテムを2種類の価格で販売していたら誰だって安い価格で購入したいはずです。

よほどのお金持ちでない限りファッションに充てられる資金は限られるわけですから、それは至極当然の考えです。(何でも買えないからこそ、どのアイテムをいつ購入するか悩む楽しみがあるという見方もできます)

 

秋冬アイテムがリリースされた段階で、真冬にしか使わないウールコートやダウンジャケットをセールまで残ると予想できるのに、「良いものは先物買い」というような言葉を真に受けて慌てて定価で購入するのは考えものです。

ファッション業界の方はそういった先物買いみたいな手段をよく取り、そのこと自体があたかもファッション上級者だと言わんばかりに積極的に発信していますが、彼らはそれが仕事の部分でもありますし一般人にも無理に適応する必要はないのではないでしょうか?

しかし、間違いなく彼ら業界人はそんなことを率先して言ってきてはくれないはずです、それが自身の商売に直結するでしょうから。

 

年中新しいアイテムを勧めてそれを購入してもらう必要がある彼らは常に本音とのジレンマがあって当然ですよね。

我々顧客側はセールに振り回されることなくうまく付き合っていくほうが賢いわけで、そのためには定期的に自身の買い物の仕方を見直す必要があると思います。

 

セールで失敗しないために

セールとのうまい付き合い方を考えた場合、いくつかの条件があります。

 

ルール1:下見・事前調査は必須

まず、セールの鉄則は「いきなりセールには行かない」ことですね。

やはり通常時に欲しいと思わなかったものでも値段が理由で欲しくなる誘惑に駆られますし。

ですが、そんな理由で購入したアイテムって結局着用しないんですよね。

冷静に考えれば本当に欲しいものなら普段から定価でも欲しかったはずです。

それを見極めるためには、セールが始まっていない普段からショップに行き値段とは切り離したアイテム本来の価値を知る必要があります。

そこで欲しい・購入しようと思ったアイテムだけを購入する、シンプルなようですがこれができなくて皆苦労します。

 

ルール2:値下げ率は見ない

下調べしていたとしてもまだまだ油断はできません。

相当意志が堅い方でない限りプライスダウンのタグの魔法は強力だからです。

最初は魅力的に見えなかったアイテムも値札を見た瞬間、「○%OFF」という文字によって急に良いものに見えてきてしまう経験、誰にだってあると思います。

これを防ぐためにも、アイテムそのものを見て素敵に思えないものは最初から除外すべきです。

セール時期に値札をひたすらひっくり返して価格をチェックしている方がいますが、本来の目的は何かを考えるとナンセンスです。

どんなに値下げ幅が大きくお得に見えるものであっても、それがその人にとって素敵に見せるアイテムでなければ全く意味がないですよね。

 

ルール3:ルール1・2を忘れないこと

ある意味、最も重要なのがこれらのルールを守ることです。

私を含め意志の弱い人間は様々な理由をつけて例外を作ろうとしてしまいます。

「これは○○だから特別」「これは○○だし例外」といったルール除外する理由を探してしまいがちですが、そうした結果は誰もが知る通りです。

本当に欲しい・必要なアイテムだけを購入して、あとは次のシーズンの購入資金に取っておいたほうが健全ですね。

 

セールで狙うべきもの

これまでのことを踏まえた上でセールでぜひ買いたいものは何でしょうか?

以下のものはセールで購入するのはとても賢い買い物だと言えます。

 

ベーシックな定番品

シンプルで使いやすいベーシックな定番品は積極的にセールで狙いたいところです。

普通の大人向けのアイテムはどれも着回しのきくものですし、翌年には着用できないなんてことはありませんのでセールで購入するのも全く問題ありません。

その中でも上質なアイテムは価値がありますので優先して購入すべきです。

 

しかし、これは普段からそのショップやブランドを知っておかないと実現できないことでもあります。

毎年普段からショップでアイテムをよく観察していればできますが、誰でもできるわけでもないと思います。

そもそもそんな時間が取れない方も多いはずです。

 

そのためには店員さんの力を借りるのが近道です。

中には売上ばかりを考える店員さんもいるかもしれませんが彼らはプロですので、そのショップのアイテムを1番知っているのは彼らです。

セール時期に行くと違う思惑が入ってしまう可能性が高いので、前述の通りぜひセールが始まる前の通常時にショップに行ってアドバイスを求めてみてください。

通常時であれば親切に知恵を貸してくれる店員さんは多いですので。

 

ちなみに、そもそもの前提と異なりますが、セールにかからない例年定番品もショップには存在します。

そういったアイテムこそ本来は最優先で購入すべきものが多いので、私自身セール除外品をまず1番にチェックして購入するようにしています。

セールにかからないおすすめの定番アイテム特集というのも改めてご紹介できればと考えています。

 

挑戦したいトレンドもの

矛盾するようですが、実はトレンドものもセールで狙うのが効果的なものの1つです。

普段なら挑戦できない定価では勇気が出ないアイテムも、セールであればもっと気軽にチャレンジできます。

試してみたいトレンドも安い若者ブランドのものを試すくらいなら大人向けブランドのセール品を購入して試してみるほうが遥かに難易度は低いと思います。

実際に私もトレンドを試す時はセールでチャレンジしてみることも多いです。(トレンドものはセールに残りやすいですしね)

ただし、あくまでその場で決めるのではなく、予め目星をつけて購入を決めていたものだけに絞ることが重要です。

 

単価が高いもの・インポートもの

普段なら手が届かないものもセールの活用にはもってこいです。

憧れのアイテムがあって通常時は手が届かない高額なものでも、セールでは定価の高さゆえ値引き額も大きいです。

チャレンジする敷居を下げてくれるのがセールの存在だと私は考えているので、そうしたアイテムは積極的にセールで購入するようにしています。

ファッション上級者に支持される一部の高額商品以外は購入する人もそもそも少ないので、セールで残るケースも多いためぜひチェックしてみてください。

 

一度完売後に追加生産されたもの

人気で完売したアイテムでメーカーが追加生産することがありますよね?

これまで私が見てきた感じだと、そういった場合はたいていセールまで残っています。

特に前年が大人気だったため翌年大量に生産されたアイテムはセール当初だけでなく、さらに値引き額が大きくなるモアセールにまで残っていることが多いです。(アウターは特に多い気がします)

店頭やネットの在庫を見ていて再入荷された場合には、頭の片隅に置いておくとお得に買えるチャンスかもしれません。

 

店員さんのおすすめ品

ショップに置いてあるアイテムについて1番詳しい店員さんだからこそ知っているおすすめ品があります。

それについては直接尋ねるしかないので積極的に質問してみてください。

普段彼らは押し売りにならないように聞かれない限りは話してきてくれない場合も多いです。

彼らの持つ知識はやはりプロらしく深いので、何故そのアイテムがおすすめなのか・コーディネートへの取り入れ方などを教えてもらいましょう。

 

人や周りの環境によってでしか自身の新しい価値観は発掘できませんが、それはファッションにおいても同様だと私は考えているため、ここが一番重要視しているところかもしれません。

例えばある人が柄パンツに苦手意識を持っていたとして、そのままの価値観だと無地のボトムスしか手にしないでしょう。

そうすると必然的に、その人はある一定の範囲の狭さでしかコーディネートの幅は生まれないわけです。

 

そんなの大したことないと感じる方もいるかもしれませんが、無自覚なだけでこれは潜在的には危険なことです。

誰もが無意識に「自分は平均よりはマシなほうだ」と思い込みやすいということが人間心理の研究によって明らかになっています。

ですが、当然のことながらそんなことはありえません。

人が複数人存在している段階で、皆が平均以上なんてことは起こりえないため、ファッションにおいても平均以下の人が残念ながら生まれてしまいます。

 

人間はファッションを社会性の一部と捉えている以上、ファッションで損をすることは可能な限り避けたいですよね。

そのためにもいつまでも独りよがりな価値観のままでは、もしかしたら気がついていないだけで年齢や時代感とはズレたものになっている可能性があります。

それは清潔感を損なっていると言い換えられる場合もあるため危険なんですよね。

そこで、重要なのが人に意見を求めるということです。

今の世の中様々なECサイトがありますが、ショップに店員さんがわざわざいるのはレジ打ちのためではなく、新しい価値観を提供してくれる存在なのだと私は考えています。

 

丁寧に買い物をすることこそが根底になければならない

うまく活用すれば欲しかったアイテムをお得に手に入れられる機会であるのがセールです。

「セールに行くな」は確かに何も意識していないファッションに不慣れな方には分かりやすいアドバイスなのかもしれませんが、恐れて全く利用しないのももったいないことです。

値段にばかりフォーカスするのではなく、「服を買う・服を着る」ということに対して丁寧に行わなければならないことを私達は忘れてはいけないのだと思います。

やはりセールは初動が肝心ですので、間違ってもセールの終わり時にショップに行って残り物の中から選ぶというのは避けましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

-ファッション分析・考察

Copyright© 普通の大人のためのメンズファッションブログ , 2019 All Rights Reserved.