カジュアルファッション

DistrictのスリットベーシックTシャツ購入レビュー!白Tシャツはアイテム選びにコツがあり!

投稿日:2019年4月14日 更新日:

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

今季、「白Tシャツを新調しよう」と考え、ショップを探し回りました。

かなりのブランドを試着し続け、ようやく自分にとってベストなアイテムを手に入れることができました。

その過程で白Tシャツを探す時に気を配ったポイントと、購入したアイテムをご紹介します。

 

「ホワイト無地」は、ごまかしが効かない

私は昔から「白Tシャツ」って難しいアイテムだと考えています。(それと同時に大好きなアイテムでもあるんですけれども。私の好きなKendrick Lamarのように白Tシャツが似合う人間でありたいと常々願っています)

これについてはアパレルショップの店員さんにも「白Tシャツはとても難しいですよね」と同意見を言われている方が多いので、ファッション上級者である彼らの目から見てもやはりそうなのかもしれません。

 

というのは、「ホワイト無地」は「ごまかしが効かない」ものだからです。

他の色であれば、ある程度はごまかせるようなものでも、「ホワイト無地」になった途端に「アイテムのクオリティ」が浮き彫りになります。

 

それがカジュアルアイテムに落とし込まれた「シンプルな白無地Tシャツ」であれば尚更、適当に選んだアイテムだと素敵には見えません。

かといって「白Tシャツは着ない」というのは極端な意見ですし、以前の記事でもご紹介した通り、ホワイトは「差し色として優秀な色」であるがゆえ、活用しないのはもったいないことです。

したがって、こうした「ベーシックでシンプルなホワイト無地」のものこそ、特に気を配った丁寧なアイテム選びが重要となります。

 

白Tシャツは「透けない」ことが大事

まず、私にとって白Tシャツは「透けないことが絶対条件」となっています。

理由は、どんなにデザインやシルエットが素晴らしいアイテムであっても、透けてしまえば清潔感を受けにくくなってしまうからです。

スケスケの白無地を着ている方を見かけることって、誰でも経験あると思うんですけれども、やっぱり素敵にはあまり感じられませんよね?

それが大人の男性であれば余計にそうです。

だからこそ、白Tシャツを選ぶ際には「透けない」というのが、とても大事なことだと思います。

 

「着心地」が犠牲になっていないのは大切なポイント

「着心地の良さ」も大人の洋服選びには欠かせない要素です。

着心地が悪い服は、着ることが苦痛に感じて、ワードローブで手に取ることが無くなってしまいます。

これではせっかく購入する意味がないです。

 

しかし、白Tシャツで「透けない」ことを重視したアイテムの多くは「着心地」が犠牲になっています。

透けない白Tシャツとして訴求されているアイテムは、「とにかく厚手にすれば良い」と言わんばかりに、ゴワゴワした着心地のものが安価なアイテムにはとても多いです。

 

このことは「トレードオフ関係」だと諦める必要なんてないと思います。

「透けない」ことと「着心地」が両立したアイテムをしっかりと探すことが肝心です。

 

「ネックの開き」のバランスは「こなれ感」に影響する

クルーネックのアイテムを選ぶ際にポイントの1つとなるのが「ネックの開き」です。

首が詰まりすぎているものだと、「垢抜けない印象」になるかもしれません。

 

それを防ぐためにも、「程よいネックの開き」があるクルーネックを意識して探すと良いです。

この特徴があるアイテムによって、「こなれ感」を演出してくれます。

 

「クリーンな印象」のポイントとなる「リブの太さ」

「リブの太さ」というのも印象に与える影響がとても大きいです。

 

「リブが太い」アイテムだと「カジュアル感」が増します。

それはそれでコーディネートによっては全然構わないのですが、もう少し「大人っぽさ」を取り入れたい場合だと調整したほうが良いかもしれません。

 

そこで、「細めのリブ」を選択するのがおすすめです。

それによって「クリーンな印象」を与えることができます。

「クリーンな印象」のアイテムは、大人っぽさにも繋がるため重要なポイントです。

 

「スリット」の有無は地味に見えるが意外に重要

一見地味に感じる「スリット」の存在は、着こなしに大切な要素の1つです。

スリットの有無によりシルエットに変化が生まれるため、着こなしにこだわりたいのであれば見逃せません。

そうしたこともあって、私自身所有しているTシャツの多くがスリット入りのものが多いです。

 

District / スリット ベーシック Tシャツ

白Tシャツを購入する時の様々なポイントをご紹介してきました。

それらを踏まえた上で、私が今回購入したアイテムは、District (ディストリクト)「スリット ベーシック Tシャツ」です。

一見本当にベーシックでシンプルなTシャツですが、実際には「これでもか!」というくらいに使いやすいディテールが凝縮されています。

今季、自分的には「リラックス&クリーン感」がテーマで白Tシャツ探しを行なった中で、最も理想的なアイテムでした。

 

まず、絶対にクリアしたい条件として、白Tシャツにありがちな「透け感」は全くありません。

同時に、肌触りもとても良く、透け感をカバーするために着心地が犠牲になっているなんてこともないです。

上質な生地や縫製により、しっかりと両方の条件を兼ね備えています。

 

ネックの開きについても、首が詰まりすぎていませんし、リブが細めなので「クリーンな印象」です。

 

そして、スリットが入っていることにより、すっきりとしたシルエットを作ってくれます。

 

サイズ感は、ややゆとりがあるにも関わらず、Districtならではの絶妙なバランス感で作られているので、若い方向けのアイテムに多い「過剰なビッグシルエット」にはなりません。

全体的に「大人が取り入れることが可能な、ゆとりを持ったTシャツ」という感じです。

 

ジャケットなどとレイヤードした時の相性も非常に良いのが、購入の決め手の1つとなりました。

https://www.instagram.com/p/BwOTTavBuzB/

Tシャツ・ジャケットのブートニエール・ジーンズのステッチ・時計の文字盤など、「ホワイト」を拾うことにより、春夏の季節感を出しやすいですね。

やはり、白Tシャツが使いやすい上質なものだと、コーディネートも圧倒的にまとまりやすくなることを実感できます。

こうした「シンプルな白Tシャツ」こそ、ある程度はきちんと投資してあげたほうが、その上からサラッとジャケットを羽織っただけで完成するくらい着こなしが簡単になるので、非常に有意義です。

 

シンプルで上質な白Tシャツで、大人の着こなしを演出しよう!

「シンプルな白Tシャツ」のようなアイテムは、ごまかしの効かないものだからこそ、妥協をせず上質なアイテムを選ぶことが重要です。

今回ご紹介したような特徴を全てクリアしたTシャツって探してみると、本当になかなか見つからないんですよね。

かなりの高級なプレミアムブランドであっても、満足できる要素が集まった上質なものはそこまで多くありません。

 

「シンプルだけど使いやすい特徴が集まった上質なアイテム」探しが難航した場合、結局はDistrictにたどり着く事が多々あります。

例えば、シンプルで使いやすい特徴が揃った「白ボタンダウンシャツ」を探した際もDistrictが該当し購入に至りました。

そのため、私にとっては「アイテム探しに困った時のDistrict」となっています。

白Tシャツに対して、私と同じような考えをお持ちの方の参考になれば幸いです。

 

「リラックス感」や「クリーン感」などをそこまで重視されない方、もしくは、もっと万人向けのタイトシルエットなTシャツが良いという方には、前回ご紹介した「アメリカン シーアイランドコットン クルーネック」がおすすめなので、そちらもチェックしてみてください。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

-カジュアルファッション

Copyright© 普通の大人のためのメンズファッションブログ , 2019 All Rights Reserved.