ファッション雑貨・小物

スーツ・ジャケットスタイルにおすすめ!ポケットチーフの選び方とは?

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

大人であれば、スーツやジャケットを素敵に着こなしたいものですよね。

それらの着こなしが素晴らしい方というのは、洗練された大人な印象を受けます。

そして、スーツやジャケットスタイルで、洗練された印象を与えるために便利なアイテムが「ポケットチーフ」です。

 

しかし、ポケットチーフを胸元に使ったことがあるという方は、圧倒的に少ないのではないでしょうか。

ポケットチーフを着こなしに取り入れてみると、差別化にもなるため、これまで使ったことが無いという方も、ぜひチャレンジしてみて欲しいですね。

そこで、大人の着こなしにおすすめな、ポケットチーフの選び方をご紹介します。

 

定番の「ホワイト無地リネンチーフ」

まず、大人が真っ先に手に入れるべきなのは、「ホワイト無地」「リネンチーフ」です。

定番的なものだと「MUNGAI(ムンガイ)」のチーフが上質で、特におすすめですね。

リネン素材であることで、華美な印象となりにくい上に、ホワイト無地がどんなスタイルにも溶け込んでくれます。

スーツスタイルなら、ネイビースーツにもグレースーツにも、ホワイト無地リネンチーフの相性は抜群です。

このため、私はスーツを着用する時は、ほぼ欠かさずチーフを取り入れるようにしています。

それによって、「清潔感」「信頼感」「こなれ感」などを表現しやすいんですよね。

 

スーツ以外にも、ジャケットスタイルも合わせやすいですし、夏場に軽装となる「クールビズ」などでも、ノーネクタイで胸元が寂しくなりがちなのを解消してくれます。

 

アクセントとなる「柄物チーフ」

定番のホワイト無地リネンチーフを手に入れた後は、アクセントとなる「柄物のチーフ」を揃えてみるのがおすすめです。

アクセントとして取り入れる際、そのアプローチの方法は主に2つあります。

それは、コーディネートに対して「馴染ませる」使い方なのか、「差し色」としての使い方なのかです。

 

「馴染ませる」のは、スーツやジャケットの色味と、ケンカをしないようなものを使う方法になります。

「ネイビー」「ブラウン」「グレー」などのダークトーンをベースとしたチーフが、初心者の方には使いやすいのではないでしょうか。

ポケットチーフが見えるのは「非常に小さい面積」のため、派手に感じるような柄物でも、色に気を配っていれば取り入れるのは意外と簡単です。

着ている服に馴染ませる場合、悪目立ちすることもなく「程よいアクセント」として使えますね。

素材については、なるべく着こなしに馴染ませたいのであれば、シルクなどであっても、ツヤ感の強いものより「マットな質感」のものがおすすめです。

 

そして、「差し色」としての使い方は、スーツやジャケットの色味に「あえてコントラストをつける」方法になります。

ネイビーに対して「イエロー」って非常に相性が良い色なんですよね。

ですから、ネイビージャケットであれば、イエローベースのものを私は着こなしに取り入れることが多いです。

「ツヤ感のあるシルク素材」のものだと、とても華やかな印象の装いになるので、「パーティーシーン」などの「オケージョン用」にも重宝しています。

 

素敵なポケットチーフで、スーツ・ジャケットスタイルの胸元を装おう!

初めは、ポケットチーフを取り入れることに、気恥ずかしさを感じるかもしれません。

しかし慣れてくると、ワードローブには欠かせない存在になるはずです。

洗練された大人は、TPOに合わせてポケットチーフも使い分けられる人なのだと思います。

スーツやジャケットスタイルを装うのに、ぜひポケットチーフを取り入れてみて欲しいですね。

次回は、ポケットチーフの使い方について、シーン別におすすめの方法をご紹介します。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

-ファッション雑貨・小物

© 2020 普通の大人のためのメンズファッションブログ