ビジネスカジュアル

ビジネスシーンに寄り添った再現性のあるクールビズとは?【シャツ・ネクタイ編】

投稿日:2018年9月10日 更新日:

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

クールビズがまもなく終わりそうなこの時期に、クールビズをテーマに書きます。

季節感を先取りが当たり前のファッションの世界で逆行しておりすみません。

ですが、このテーマは当ブログを立ち上げることになったキッカケの1つですので早いうちに取り上げたかったんです。

 

クールビズを取り巻く現状

あなたはクールビズどうやって取り入れていますか?

街にいるサラリーマンを見ても多くの方が半袖シャツを着ています。

そりゃそうですよね、日本の夏は高温多湿ですし少しでも暑さを和らげるための選択ですので至って自然です。

 

しかし、雑誌やファッション業界の人達はそれを怒ります、非常に怒ります。

「半袖シャツはダサいからダメだ!」

といった具合にどこを見ても主張をしています。

 

その他にも、ファッション業界の人達のクールビズコーディネート事例や意見を見てみると以下のようなものが多いです。

  • トラウザーズをアンクル丈で仕上げて、靴下はベリーショートソックスを履いてオシャレをアピール。
  • 派手で目立つアイテムや柄を使って自分を主張。
  • 暑さなんて関係ない!まわりがだらしなくなるからこそ私はキッチリと普段通りのスーツスタイル。

 

どうでしょう?よく見るあるあるばかりですよね?

ですがこれを真に受けて外に出てしまうと大変なことになります。

 

  • アンクル丈のトラウザーズ → 「どうしたの?裾上げ間違ってるよね?」
  • ベリーショートソックス → 「寝ぼけて家出たの?靴下履き忘れてきてるけど?」
  • ド派手な柄やアイテム → 「仕事着にはふさわしくないのが分からない人なのかな?」
  • 私は紳士らしく普段通りのスーツ → 「滝汗で見ていて暑苦しいし清潔感がない」

 

とマイナスな印象になるだけです。

そもそも提案している人達は、その格好をしてビジネスシーンで働くことを全く考慮していないです。

 

このように現状世の中に溢れているクールビズにおける提案が「現実的なビジネスシーンに寄り添えていないものばかり」と感じていました。

我々はその服を着て仕事をしないといけないんです。

この問題に対し具体的な意見を出して解決までしている方もおらず、サイトも見つからなかったので僭越ながら私から提案をしたいと思います。

 

現実的に再現可能なクールビズファッションを素敵に見せることは出来ないのでしょうか?

いいえ、そんなことはないので諦めることはありません。

現実に寄り添いつつ、一般の人から見て共通の感覚を持ち合わせたクールビズファッションを素敵に見せるにはいくつかポイントがあります。

それぞれのアイテム毎にご紹介していきます。

 

シャツ

まず印象を大きく左右する上半身に位置するシャツです。

 

袖丈・袖周り

長袖シャツを袖まくりして着て仕事を出来る業種の方は、ファッション業界の人達からの主張通り袖まくりして着ることで良いと思います。

 

問題はそれが出来なくて、現実的な選択肢として半袖シャツを着るしかない方です。

色んな人達が口を揃えてダサいと言っていますが、確かに街を歩いているサラリーマンの半袖シャツ姿は素敵には見えません。

 

ですが、これを洗練されたスタイルに見せる方法があります。

大前提として襟の裏に柄があったり、変なステッチがたくさん入っている柄シャツだったりを選ばないのは基本です。

その上で、体にあったサイズ感・シルエットのものを選ぶのはもちろん重要ですが、大事なポイントはにあります。

シンプルなデザインのシャツをお店で選んで着ているのに、何だか垢抜けて見えない人はだいたいシャツの袖の長さが長過ぎで、袖周りも合っていないです。

この画像のようにシャツを着ている人がとても多いと思います。

具体的には肘の付近まで長さがあるシャツだと、それこそ「シャツが途中でバッサリと切られて足りていない」印象になります。

量販店だけでなくセレクトショップを含め、様々なお店で売られている半袖シャツも調整したほうがいいシャツがほとんどです。

 

よく「クールビズではノーネクタイの場合が多いと思うので、第一ボタンが閉まらなくても問題ないでしょう。だから第一ボタンが閉められなくても構わないため、下のサイズを着用することでオシャレに見えます」と主張している方もいますがおすすめしません。

元々無理しないと着られなかったくらいタイト過ぎるシャツだと、身動きが取りづらくなって仕事をしにくくなりますし、それだけ苦労するサイズを着用しても袖が長い・太い問題は解決しないためです。

 

具体的な袖丈の長さの目安として普段着ているTシャツのサイズを指標にしてみてください。

 

Sサイズの方 → 19〜20センチ前後

Mサイズの方 → 20〜21センチ前後

Lサイズの方 → 21〜22センチ前後

XLサイズの方 → 22〜23センチ前後

 

あくまで目安の数値ですので体型によって微調整が必要ですが、だいたいの方に当てはまると思うので参考にしてみてください。

逆にこれ以上短くすると今度は袖丈が足りてない印象になりバランス悪くなるので注意です。

お店でお直ししてもらう際は、「袖に向かって細くなるようにお直ししてください」と一言添えましょう。

袖周りの長さは人によってかなり数値が変わるので、上記に挙げた袖丈の部分の腕周りにピッタリと合うようにお店で店員さんに測ってもらってみてください。

 

この2つを覚えておくだけで、これまで着ていたシャツから劇的にスタイル良く見えることが実感できるはずです。

 

袖口の折返し

そしてもう1つ袖が見た目に与える印象で重要なのは袖口の折り返しです。

同じ袖丈・袖口幅のシャツでも、折り返しがあるのとないのとではかなり印象が変わり垢抜けて見えるので、ぜひ折り返し仕様にしてみてください。

 

シャツはオーダーメイドも効果的

シャツを体型に合わせて全てお直しを実施すると、そこそこの金額になるかと思います。

同じくらい金額を払うのであれば最初からオーダーで作ることも選択肢として考えてみてはどうでしょう。

オーダーで作る時に、長袖と半袖の料金が変わらなくて生地代の分だけ割高に感じるかもしれません。

ですが、むしろ通常の長袖シャツよりも、半袖シャツを作るほうがはるかに満足度が高い結果になることを私自身も経験しています。

 

シャツの色

次にシャツの色についてです。

 

白の無地シャツはもちろん良いですが、それ以上におすすめなのが淡いブルー無地のシャツです。

 

 

白シャツよりもブルー系のほうをおすすめする理由は夏に爽やかで合うということだけではありません。

1番の理由は、日本人の肌の色に合うからです。

西洋人の肌は白くピンクがかっていますが、日本人はモンゴロイドが『黄色人種』と訳される通り肌が黄味がかっています。

黄色に白よりも、黄色にブルーのほうが色合わせ的に良く見た目の引き締め効果があります。

 

柄シャツが許されないようなお堅い業種の方でも使える「万人が使えるシャツ」ということも再現性が高くて良いですね。

ちなみにクールビズだけでなく、通常のスーツでもブルー系のシャツは日本人には合わせやすいのでおすすめです。

 

柄使い・クレリックも有効

無地のブルー以外にも仕事で柄シャツが許される環境であればブルー系の細かいチェックシャツもおすすめです。

もちろん同じくブルー系の細かいストライプも良いのですが、半袖シャツということに限って言うとチェックシャツの方がバランスが良いと感じます。

ストライプを選ぶ場合は、遠目には無地に見えるくらい細いストライプが使いやすいです。

 

さらに爽やかを出したい場合にはクレリックシャツにしてみても良いですね。

クレリックシャツだと無地も良いですが、柄があると更に相性が良いのでおすすめです。

特に、ブルー系の細かいチェックシャツのクレリック仕様は相性抜群なので試してみてください。

 

襟型

襟型は仕事でノーネクタイの方は「ボタンダウンカラー・カッタウェイカラー・ホリゾンタルカラー」がおすすめです。

ネクタイ着用する方はボタンダウンカラーは避けましょう、「カッタウェイカラー・ワイドカラー」がおすすめです。

ただし、襟型に関しては時代によって流行もあるため、定期的にシャツを購入する際に店員さんに確認してみるといいでしょう。

 

ビジネスシーンでは、ノーネクタイでも第2ボタンまで開けるのはやめましょう。

やっている本人としてはイタリアの伊達男的な考えで色気を出しているつもりなのでしょうが、一般的に印象がマイナスに働くことはあってもプラスに働くことはないはずです。

ちなみにカジュアルであれば本人のキャラにもよるのですが、第2ボタンまで開けてリラックス感を出すのはとても効果的な着こなしになります。

 

ネクタイ

クールビズで着用点数が少ない中で最もその人の個性を出せる箇所がネクタイです。

 

ニットタイが有効

ネクタイ以外の箇所で個性を出そうとしすぎるのは、それは『ビジネスシーン』という場にはふさわしくないファッションになってしまうため控えるべきです。

少なくともビジネスにおけるファッションでは、オシャレばかりを目指している人は印象がプラスよりもむしろマイナスに働くため、「皆からの共通理解を得た身だしなみに整える」のが本来の目的ということを見失わないことが重要ですよね。

 

最もおすすめのネクタイはニットタイです。

全身クールビズになってドレスダウンしているのに通常のネクタイだと素材感が浮いて見えてしまい、「ジャケットを着ていない」ということを強調するため変に感じてしまいます。

これがクールビズにおいて、ネクタイが原因で素敵に見えなく感じる最大の理由です。

 

ニットタイに慣れていない場合には、単純にネクタイの剣先が通常のものと同様の三角になっているニットタイを選ぶだけでも相当ハードルは下がります。

もしそれでもニットタイが業種的に難しい場合でも解決策があります。

それは、光沢感のないザックリ感のある素材で作られたネクタイを選んで、軽装であるクールビズに馴染ませる方法です。

 

ネクタイの色

色は「ネイビー」が季節感も出しやすく良いと思います。

少し青みがあっても素敵ですが、ここで注意すべきは色味が薄く明るめのものを選ばないことです。

上からジャケットを着用しないためコントラストがつきにくく、ネクタイまで明るめのものを合わせると、ぼやけた印象になってしまいます。

逆に言うと、業種的にポロシャツが許されている場合は、ネイビー等の濃い色のポロシャツを選んでネクタイは少し明るめのものを取り入れてみてもいいでしょう。

 

Vゾーンが与える印象はビジネスファッションで最も大きいので気を抜かないようにしましょう。

全身の着用点数が少ないクールビズだからこそ、スーツスタイル以上に細かく素材感・色味を組み立てないと素敵に見せることは難しくなります。

 

以上、ビジネスシーンに寄り添った再現性のあるクールビズ【シャツ・ネクタイ編】をご紹介しました。

その他のアイテムについても順次ご紹介します。

 

今年はもう終わりかけのクールビズ期間でのご紹介で恐縮ですが、明日(もしくは来年?)からの身だしなみの参考にしてみてくださいね!

-ビジネスカジュアル

Copyright© 普通の大人のためのメンズファッションブログ , 2019 All Rights Reserved.