ビジネスカジュアル

ビジネスシーンに寄り添った再現性のあるクールビズとは?【靴・ベルト・バッグ・時計編】

投稿日:2018年9月14日 更新日:

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

前回・前々回と現実的なビジネスシーンに寄り添ったクールビズについて記事を書きました。

 

ビジネスシーンに寄り添った再現性のあるクールビズとは?【シャツ・ネクタイ編】

ビジネスシーンに寄り添った再現性のあるクールビズとは?【トラウザーズ編】

 

今回は、クールビズを素敵に見せるためのポイント「靴・ベルト・バッグ・時計」についてご紹介していきます。

 

基本的には普段使用しているビジネスシューズでもOK

トラウザーズ等はクールビズ専用品を購入するべきと紹介しましたが、靴に関しては普段使用しているものでも大丈夫です。

色は黒でも問題ないですが、少し重たく見える場合もあるため茶系の革靴のほうが合わせやすいです。

ただし、明るすぎるブラウンは靴だけが浮いて見え服装に馴染ませることが難しいので避けましょう。

こういった色味の革靴を履いている人をよく見かけます。

確かに派手に見えて単体では見栄えがよくおしゃれに感じてしまうのでしょうが、ここまで明るすぎるブラウンはトータルコーディネートを考えると合わせづらいです。

他の衣服との色合わせを考えると、おすすめの色はダークブラウンです。

このくらいのダークブラウンが理想です。

これ以上明るいと服装に馴染まないため注意してください。

 

環境次第でスエード素材の靴やローファーもおすすめ

職場の環境で使用できるのであればスエード素材の靴やローファーもおすすめです。

ドレスダウンしたその他の服装に合わせやすいため取り入れてみてもいいでしょう。

クールビズ・ウォームビズのビジネスカジュアルを足元でも演出!スエードのダブルモンクストラップはおすすめ!

 

ベルト

面積は小さいが重要な役割のアイテム

一見面積が小さいので軽視してしまいがちなベルトですが、服装のまとまりを考えた場合に印象を整えてくれる重要なアイテムですのでおろそかにしないようにしましょう。

こちらも普段スーツで使用しているもので大丈夫です。

気にするべき点は靴との色合わせです。

その人が細かいところにまで気を使っているかどうかの指標にする人も多いので、どんな人に対しても印象を損なわないためにはやはり色を合わせたほうが安全です。

黒靴なら黒のベルト、茶靴ならダークブラウンのベルトを合わせましょう。

 

環境次第でレザーのメッシュベルトもおすすめ

普段通りのベルトでも全く問題ないですが、こちらも職場の環境で使用できるのであればレザーのメッシュベルトを取り入れてみるのもおすすめです。

ジャケパンスタイルやカジュアルシーンにも使えるアイテムですので一本持っておくと便利です。

 

バッグ・時計

どちらも普段スーツで使用しているものでOK

最後にバッグと時計ですが、普段使用しているものをそのままお使いいただいても大丈夫です。

もし職種によってバッグを普段持たない方であればトラウザーズのポケットに携帯や財布をそのまま入れて過ごすのは見た目が悪いので控えたほうがいいでしょう。

レザーのトートバッグレザーのクラッチバッグを持っておくとカジュアルシーンでも出番が多いので、まだ持っていないのであればこれを機に揃えておきましょう。

 

時計も普段通りのものでもいいのですが、もし革ベルトの時計を使用しているのなら汗でかなり傷んでしまう時期なのでステンレスベルトに変えてみることも検討してみてください。

 

 

以上、ビジネスシーンに寄り添った再現性のあるクールビズ【靴・ベルト・バッグ・時計編】をご紹介しました。

 

クールビズは全身の着用点数が少なくなりますので、一つ一つのアイテムを丁寧に揃えることが普段以上に重要になります。

 

ぜひ身だしなみの参考にしてみてくださいね!

-ビジネスカジュアル

Copyright© 普通の大人のためのメンズファッションブログ , 2019 All Rights Reserved.