カジュアルファッション

春・秋で着回し可能!メンズスプリングコートは冬アウターより長く使える便利なアイテム!

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

冬が終わり、少しずつ春の訪れを感じるようになってきましたね。

とはいえ、まだまだ寒さが残るこの季節。

街を歩く人を観察すると、冬に着用していた「ダウンジャケット」「ウールコート」を、そのまま着ている方も少なくありません。

これでは春のファッションとしては重く見えてしまい、季節感とズレてしまいます。

ファッションにおいて「季節感を取り入れた着こなし」というのは、洗練された印象を与えるためには重要です。

 

意外と冬アウターより長く使える「スプリングコート」

春のアウターといえば、挙げられるアイテムが「スプリングコート」です。

ところがスプリングコートって、周りを見渡してみると、持っている方がそんなに多くないですよね。

 

所有していない方の考えとしては、「日本は春の気候が短い。だから買っても着用できる期間が短いから必要ない」というもの。

言っている気持ちは理解できます。しかし、よく考えてみてください。

日本の季節で、「春」だけで考えると確かに短いかもしれませんが、「秋」も含めて考えるとどうでしょう?

 

秋も春と同じく、「肌寒い季節」です。

そうなると、着用できる期間としてはかなり長くなります。

住んでいる地域によっては多少前後しますけれども、春は「2〜4月頃」、秋は「9−11月頃」まで着用可能です。

 

つまり、「1年の中で半年以上は着用できるアイテム」ということになりますよね。

これは冬のコートよりも、着用期間がずっと長いということです。

そう考えてみると、スプリングコートは「通年物のアイテム」と言えるのかもしれません。

 

春ファッションで定番な「トレンチコート」「バルカラーコート」

スプリングコートで定番的なアイテムといえば、「トレンチコート」「バルカラーコート」が挙げられますよね。

私も毎年重宝している便利なアイテムです。

サッと羽織るだけで軽快な印象を演出できます。

冬コートと比べて圧倒的に軽快感があり、重たく見えません。

やはり、使われている素材が「ウール」ではないだけで、同じコートでも印象が異なります。

 

スプリングコートには、「コットン」「ポリエステル」などの素材が使われている「軽い生地感」のものがおすすめです。

もし、どうしても寒さが厳しく感じるような気候の時は、コートの内側に「インナーダウンベスト」「厚手のニット」などを着て調整してあげると、軽快な印象を損なわなくて良いですね。

 

スプリングアウターは「コート」だけではなく「ジャケット」も使えるアイテム

春のアウターといえば、定番のトレンチ・バルカラーだけではありません。

他にも様々なアイテムがあります。

その中には、「コート」だけではなく「ジャケット」も含まれて、個人的には「サファリジャケット」「ワークジャケット」なども大好きです。

トレンチ・バルカラーと比較すると、着ている人が非常に少ないアイテムなので、差別化を図るのにも効果的ですね。

着こなし方も簡単で、コートなどと同じようにバサッと羽織るだけでコーディネートで活きます。

コーディネートに堅さがなく、「リラックス感」を与えることができるのが魅力です。

 

昨今、様々な場面で「カジュアル感を抑える」ということが強調されすぎた風潮のせいか、ファッションに不慣れな方を見ると、「子供っぽく見えるから、カジュアル感のあるアイテムは使いにくい」と誤解されているのかもしれません。

そうした方は、アウターも「カッチリ感の強いコートしかなるべく着ない」と極端に走りがちです。

 

確かに「大人っぽいファッション」という観点は、大人の着こなしにおいて重要だと私も思います。

けれども、日常生活において「カッチリ感の強いコートだと堅苦しい」と感じる場面ってありますよね。

したがって、「今日出かける先では、コートはカッチリしすぎて周りから浮いて見えるかもしれないな」と考えた際は、それに合ったリラックス感のある着こなしを表現するべきです。

 

人間は社会的な生き物ですから、周囲の人を推し量って、それに合わせられることも洗練された大人としては重要な能力なのではないでしょうか。

要するに、何事も当然のことですが、ファッションにおいても「TPOが大切」ということですね。

「ダウンジャケット以外には、カッチリ感の強いコートしかアウターは持っていない」という方は、これを機会にぜひ他のアイテムもワードローブに加えてみて欲しいです。

新しいものを取り入れてみると、着こなしの幅が広がって、ファッションがもっと楽しくなると思います。

 

スプリングアウターを活用して季節感を表現しよう!

冬コートよりも意外と長く着用できると分かれば、スプリングコートがワードローブには外せない存在になると思います。

通年物のアイテムであるスプリングコート。長い期間着用できるので、ぜひお気に入りの一着を探してみて欲しいですね。

季節感をうまく表現できる能力に長けている人は、洗練された印象を与えられる人なのだと感じます。

スプリングコートを活用して、春ファッションを楽しんでいきましょう!

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

-カジュアルファッション

© 2020 普通の大人のためのメンズファッションブログ