カジュアルファッション

ウール素材のニットTシャツは着こなしを大人っぽく上品に見せてくれるアイテム!

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

ファッションで「Tシャツ」って欠かせない基本アイテムですよね。

Tシャツを着たことが無いという方はいないと思いますし、それくらい一般的なアイテムだと感じます。

誰もがワードローブにあるTシャツ。皆が着ているからこそ、細部にまで気を配りたいアイテムです。

「色や柄」で差別化をするのもアリですが、大人は「素材」にも注目してみることをおすすめします。

 

品の良い装いを表現したい時には「ウール素材のニットTシャツ」がおすすめ

一般的に、「Tシャツ」というと「コットン(綿)」素材のものを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際のところ、ほとんどの方のワードローブにあるTシャツは、コットン素材のものが多いと思います。(ポリエステル等が混合している場合もあると思いますが)

当然、私もコットンTシャツを所有していますし、良い意味での「カジュアル感」「粗野感」があるのが持ち味です。

 

それはそれで、とても素敵なアイテムなんですが、「シャツを着るにはコーディネートが堅すぎるように感じる。だけど普通のTシャツよりも、もう少し品良く見せたい」といった気分の時ってありますよね。

そうした着こなしを求めている場合に活躍するアイテムが、「ウール素材のニットTシャツ」です。

コットン素材のものと比べると、ウール素材のニットらしいツヤ感から「品の良さ」が感じられます。

それに、着た時にウール特有の「ドレープ感」が綺麗に出るのが魅力的です。

 

見た目以外にも、ウール素材特有の「滑らかな肌触り」もポイントですね。

したがって、「上品な見た目」だけではなく、「着心地の良さ」を求める方にとってもピッタリのアイテムだと思います。

 

ウール素材だからといって「暑い」イメージは誤解

「ウール」という言葉から連想して、「秋冬のアイテム」だというイメージを持たれている方も、一般的には少なくないですよね。

そうしたこともあってか、「ウールだったらコットンに比べて暑いんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、薄手のものを選べば、体感的には変わらないですね。

 

もちろん、生地感によっては、あまりにも厚手のもの等だと「秋冬用」の作りであることが多いです。

しかし、「サマーニット」というアイテムもあるくらい、春夏でも活用できるものが沢山あります。

そうしたサマーウール等を使ったアイテムは、おしゃれな方からも人気が非常にあり、差別化をする上でも有効です。

 

私自身もサマーニットをワードローブに所有しており、毎年重宝しています。

通気性が高いため、コットンのTシャツを着ているよりも、むしろ涼しいくらいですね。

 

ニットTシャツについても同様で、「涼しい時期には、温かい生地のもの」「温かい時期には、涼しい生地のもの」と、丁寧に選べば年中活躍してくれます。

 

「素材感」が着こなしを格上げしてくれる

コーディネートで「素材感」に気を配るために、アウター・ボトムスなどの相性を考慮して、ニットソーを活用したほうが良い場面もあります。

ファッションコーディネートを格上げするポイントは素材感の合わせを意識すること!

素材感について不慣れなうちは、色々と難しく考えずに、「なるべく素材感を同じようなものに合わせる」くらいで良いのではないでしょうか。

つまり、「ウールパンツを履いている時は、トップスには普通のTシャツよりも、ウール素材のニットソーを着てみる」みたいに最初は考えてみるのがおすすめです。

素材感に全く気を配っていないコーディネートより、それを踏まえたもののほうが、圧倒的に着こなし全体の完成度は高まります。

洗練されたファッションに重要な「こなれ感」というのも表現しやすくなるので、素材違いのアイテムを持っておくと、着こなしに便利です。

 

ニットTシャツで着こなしに「上品さ」を取り入れよう!

最近は、日々の気温が段々と上がってきていますね。

着こなし的には、インナーにTシャツを着る機会も増えてくると思います。

Tシャツにウール素材を使ったアイテムを着ている人は少ないので、差別化をする上でもニットTシャツは有効です。

「秋冬のニットくらいしか、ウール素材のものを使ったことが無い」という方は、先入観を持たず、様々なアイテムを試してみることをおすすめします。

きっと価値観を広げてくれる経験となり、ファッションがもっと楽しめるようになるはずです。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

-カジュアルファッション

Copyright© 普通の大人のためのメンズファッションブログ , 2020 All Rights Reserved.