ヘアスタイル

服が似合わない原因はヘアセット!髪型のミスマッチがおしゃれを難しくする!

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

おしゃれになるために、洋服選びのポイントについて言及されることって多いですよね。

「どんな洋服がおしゃれなのか」を指南されている方が、世の中にはたくさんいらっしゃいます。

主張されている内容的には、「おしゃれになるには洋服選びの論理さえ理解すれば大丈夫」「このアイテムを着たらおしゃれ」などです。

 

ところが、そうした指南を受けて言われた通りしてみても、「何故かおしゃれに見えない」と感じる方もいるのではないでしょうか。

また、ショップの店員さんと全く同じコーディネートをしてみたのに、「自分が着ると、なんだかおしゃれに見えない」という経験がある方も少なくないはずです。

実際に、私の周りにも同様の悩みを抱えていた方がいて、相談を受けたこともありました。

 

こうした経験があると、「自分はおしゃれな服が似合わない人間なんだ」「おしゃれな洋服を買ったのは失敗だったかも」と感じてしまう場合もあるかもしれません。

しかし、それは誤解だと言えます。

実は、ちょっとしたことに気を配ることで、洋服が劇的に似合うようになるからです。

 

洋服が似合わないと感じる原因は「髪型」にあり

洋服を着てみて、「自分には似合っていない」と感じるのには理由があります。

いくつか原因はあるんですけれども、最も考えられるのは「ヘアスタイル(髪型)」が整っていないからです。

 

というのも、人の印象というのは当然「着ている服」だけによって決定されるわけではありません。

「顔・服装・肌」などに加え、「髪型」も印象を大きく左右する要素です。

髪型が整っていないと、清潔感を受けにくくなります。

「清潔感」とは顔・服装・肌・髪等全てが「整っていると感じる」こと!

清潔感については色々な要素がある中で、髪型は特に重要。

なぜなら、人に与える印象で最も大きなものが「顔」であり、そこへ密接に関わるのが「髪型」だからです。

どれだけ着ている服がおしゃれだとしても、きちんとヘアセットを行なっていなければ、清潔感を損なう結果となり、おしゃれに感じにくくなってしまいます。

 

さらに付け加えると、「着ている洋服と髪型のミスマッチ感」が生まれてしまうのも問題ですね。

それはオケージョン(特別な行事)を想像してみると分かりやすいと思います。

結婚式などで、バッチリと決めたタキシード姿なのに、ヘアセットをしない”素のまま”の状態だと、かなり変に感じるはずですよね。(ちなみに、女性の場合はメイクも重要です。ノーメイクのままでドレスを着たとしたらチグハグに感じると思います)

いわゆる「とっちゃん坊や」みたいに感じるのではないでしょうか。

 

こうした「チグハグ感」は、「洋服は大人っぽくてカッコいいのに、着ている本人が子供っぽく見える」のが原因です。

この「幼稚っぽさ」が、おしゃれの足を引っ張る存在となってしまいます。

つまり、「着ている服と髪型のミスマッチを防ぎ、印象のギャップを埋める」という作業が、オケージョンだけではなく日常的にも必要です。

 

「髪は顔の額縁」だからこそ、普通の大人はヘアスタイルが重要

よく、「髪は顔の額縁」なんて言われることもありますが、本当にその通りですね。

絵画で例えると、そこまで大した絵には思えないものでも、立派な額縁に入れてあれば、それなりのものに感じてしまいます。

 

これと同じく、ルックスが抜群に良いイケメンでなくても、「きちんとセットされた髪型」という立派な額縁に顔を入れてあげることで、印象を良くすることが可能です。

考えてみて欲しいんですけれども、「ダサい人をファッションで変身させる」みたいなビフォーアフターを行うテレビ番組がありますよね。

そうした内容では、必ずと言って良いくらい「着ている服だけではなく、ヘアセットもしっかりと行なって印象を変えている」のを頻繁に見かけます。

 

このことが意味しているのは、やはり「人の印象は、着ている服だけでは決まらない」ということです。

だからこそ、よほどのイケメンでもない限り、「普通の大人はヘアスタイルに気を配ることが重要」だと言えます。

 

ヘアセットが面倒な時は「帽子」を活用するのが便利

普通の大人が印象を良くするためには、着ている服だけではなく、ヘアセットにも気を配ることが大切です。

とはいえ、「どうしてもヘアセットが面倒な時」ってありますよね。

「ちょっとそこまで短時間出かける時」「ヘアスタイリング剤を使いたくない気分の時」などは、私も面倒臭くてヘアセットを行わず手抜きをしてしまいます。

 

そんな時に便利なアイテムが「帽子」です。

当たり前のことですが、帽子を被ることによって、ヘアセットしていない髪を隠すことができます。

 

ただし、着ている服に合わせて帽子の種類も変えないと、ものによってはミスマッチ感が生まれるかもしれません。

「全てのコーディネートをキャップだけで合わせる」というような、特定のアイテムだけで対応しようとするのは難易度が高いです。

したがって、「キャップ・ハット・ニット帽・ベレー帽」などをそれぞれワードローブに揃えておくと、コーディネートに困らなくて済みます。

 

ヘアセットを行なって、洗練された印象を与えよう

「おしゃれなファッション」というと、多くの人が「着ている服に気をつければOK」と考えてしまいがちです。

しかしながら、それだけでは人に与える印象は良くなりません。

実際に、ファッションに不慣れな方が髪型を整えていないことで、垢抜けない印象となっているのをよく見かけます。

それに、ファッションを楽しみだしたばかりの方が、せっかく素敵な服を買ったのに、思い描いていたおしゃれなイメージに変身できないのは非常に残念なことですよね。

洗練された大人は、髪型を含む全身の清潔感に気を配れる人なのだと思います。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

-ヘアスタイル

Copyright© 普通の大人のためのメンズファッションブログ , 2020 All Rights Reserved.