ファッション雑貨・小物

眼鏡とサングラスを兼用できる調光レンズ!KANEKO OPTICAL PHOTOCHROMIC LENSをレビュー!

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

外出時に「サングラス」って便利なアイテムですよね。

大切な目を紫外線から守ってくれるため、1年中活躍するサングラスですが、特に夏場は必須のアイテムに感じます。

ここ数年で、「肌だけではなく、目の紫外線対策の重要性」が一般的にもよく知られるようになりました。

そういった背景もあってか、サングラスを日常的に取り入れる方が増えたのは、とても良いことですよね。

ところが、昨今の世の中の情勢を考慮した際に、個人的には困ったことも起きています。

 

「マスクとサングラスの併用」で不審者に見られにくくするには「カラーレンズ」が有効

サングラスを使用するのに困った状況が起こるのが、「マスクとの併用時」です。

マスクをつけながらサングラスをすると、どうしても「怪しい人」「不審者」に見えがちですよね。

このことが原因で、「マスクと併用してサングラスをかけたいのに、不審に見られたくないから使用しにくい」と感じている方も多いのではないでしょうか。

 

不審な感じに見られにくくするために、有効な方法の1つが「レンズの色が薄いサングラス」を取り入れることです。

いわゆる「カラーレンズ」と呼ばれるものですね。

 

よくある普通のサングラスだと、「レンズの色が濃い」ことで、他人から「目が見えない」ことが問題になります。

やはり、ただでさえマスクで顔の半分を隠しているのに、目が見えないことでさらに「表情が読み取りにくい」のが、不審な雰囲気を醸し出してしまう。

しかし、カラーレンズであれば、他人から「目が見える」ので、「表情が読み取りやすくなる」のがメリット。

それゆえ、マスクとの併用を考慮した場合、「カラーレンズを搭載したサングラスを使う」のがおすすめです。

 

カラーレンズって、そもそも「おしゃれな雰囲気」が出やすいですよね。

以前から芸能人に着用者が多いですけれども、一般的にもおしゃれな方を中心にカラーレンズの愛用者が増えているように感じます。

 

屋内では「眼鏡」として使えて、屋外では「サングラス」として使える「調光レンズ」が便利

実際にカラーレンズを取り入れてみようと、私自身考えてみました。

最初は「どんな色のカラーレンズを購入しようかな」と様々なショップで探してみたのですが、そのうち少しずつ考えに変化が。

「せっかくカラーレンズを取り入れるのであれば、マスクとの併用だけでなく、日常的な幅広いシーンに使えるものを購入したい」と考えるようになったんですよね。

 

そうした視点から改めて市場を見てみると、これ以上ないくらいピッタリのものが存在していたんです。

それが、「調光レンズ」を搭載したサングラスになります。

調光レンズ自体、あまり聞き馴染みがないアイテムかもしれませんが、「紫外線」に反応して「レンズの色が変化するアイウェア」です。

 

カラーレンズを着用していても、「屋内に入った際には外したくなる時」もありますよね。

そんな時に、「いちいち外すのは面倒」だと私には感じます。

けれども調光レンズであれば、その手間が省けるのが嬉しいポイント。

なぜなら、屋内では「透明なレンズ」「眼鏡」として使えて、屋外ではそのまま「サングラス」として使えるからです。

だからこそ、屋外に出る際にも「改めてサングラスをかける手間が省ける」のが非常に便利。

 

そこで、とても素敵でおすすめのアイテムを見つけたのでご紹介します。

 

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS

私が最近購入したのが、日本が誇るアイウェアの一大産地である福井県鯖江市のブランド「KANEKO OPTICAL(金子眼鏡)」「PHOTOCHROMIC LENS」です。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS

セレクトショップの「UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)」が金子眼鏡に別注したアイテムになります。

ここ数年、毎年のようにアローズは金子眼鏡に別注をかけているんですけれども、調光レンズを搭載したものは今季が初ですね。

 

金子眼鏡の定番人気モデルであるウェリントンタイプの「John」がベース

金子眼鏡のインライン(通常品)で定番人気モデルの「John」がベースとなっています。

なかなか個性的な名前ですが、金子眼鏡のアイテムって、「人の名前」がついているものが多くて面白いですよね。

モデル名を覚えやすくて、顧客にも訴求しやすいので、個人的にはとても良いと思います。

 

「John」モデルは「ウェリントン」タイプであるため、「幅広い人の顔に似合う」のが魅力。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS 上部

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS 横

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS 背面

「高い技術で精巧な作り」を可能にする職人集団である金子眼鏡らしく、上質さが感じられる作りです。

「鼻当て」部分も肌当たりが優しく、かけていても痛くなりにくいですね。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS 鼻当て

「ブラック」のフレームがシックな雰囲気。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS フレーム部分アップ正面

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS フレーム部分アップ横

シンプルながらポイントとなる部分もあるので、退屈な印象にはなりません。

耳当ての外側にも控えめなワンポイントが。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS 耳当て外側ワンポイント

耳当ての内側には、「日本製」であることや「ブランド名」「モデル名」が記載されています。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS 耳当て内側「日本製」記載

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS 耳当て内側ブランド名記載

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS 耳当て内側モデル名記載

全体的に大人な雰囲気が漂う「上品な印象」のアイテムです。

 

大人が使いやすい色味のカラーレンズ

このアイテム最大の特徴である「調光レンズ」の機能について、紫外線に当てる前後で比較してみます。

まずは、紫外線に当たる前の「クリアレンズ」の状態。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS クリアレンズ状態

透明なレンズの状態なので、「眼鏡」として使えます。(写真はレンズ部のシールを剥がす前の状態です。本来はもちろん剥がして使用します)

この状態でも「UVカット率」「99%」のため、日常的に紫外線から目を保護してくれるのが安心ですね。

 

次に、紫外線に当たった後の「カラーレンズ」の状態。

私が購入したのは「ブラウン」に変化するモデルです。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS カラーレンズ状態 ブラウン

そこまで色が濃くないブラウンで、「太陽光の眩しさを軽減」しつつも、「しっかりと目は見える」程度のちょうど良い色味のレンズです。

 

紫外線が当たった直後に急に色が変化するわけではなく、徐々に色が濃くなっていき、「数十秒程でしっかりと着色」する感じですね。

逆に、屋内に入って紫外線に当てなくすると、徐々に色が薄くなっていき、「数分程(3分〜5分)で完全に退色」していきます。

着色・退色、どちらのケースでも環境によって異なり、個人的には「温度が高い場所では色が変化しにくい」ように感じました。

 

ちなみに、このアイテムは調光レンズの色味が「ブラウン」と「ブルー」の2種類が展開されています。

ブラウンがとても使い勝手が良かったので、その日の気分に合わせて使い分けられるように、ブルーも追加で私は購入しました。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS カラーレンズ状態 ブルー

こちらは、少し薄い色味のブルーで、ブラウンよりもさらに表情が読み取りやすいですね。

ECサイトなどには記載がないんですけれども、「可視光線透過率」はブラウンが「39.4%」で、ブルーが「69.8%」になります。

 

レンズの色の変化がもっと分かりやすいように、色がしっかりとついた「サンプルレンズ」での比較がこちら。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS サンプルレンズ

どちらも「大人が使いやすい色味のカラーレンズ」であることは間違いありません。

 

ところで、私のように両方とも購入した場合だと、クリアレンズの状態では「どちらの色だったっけ?」と迷ってしまう可能性も。

そんな時は、耳当ての内側に「カラーの記載」があるので、そこを見れば分かります。

ブラウンであれば「BR」の記載。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS カラー記載「ブラウン」

ブルーであれば「BL」の記載。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS カラー記載「ブルー」

ここの記載が違うだけで、「フレームはブラックで共通」ですし、「レンズを覗いたその他の仕様は全く同じ」です。

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS ブラウン&ブルー クリアレンズ状態

UNITED ARROWS by KANEKO OPTICAL John PHOTOCHROMIC LENS ブラウン&ブルー カラーレンズ状態

どちら選んでも、大人のファッションに相性が良いサングラスだと感じます。

購入して以来、日常的に様々なシーンで大活躍しているので、大人におすすめの眼鏡でありサングラスです。

 

調光レンズを取り入れてファッションを楽しもう!

カラーレンズを採用したサングラスは市場にたくさんありますが、大人にとって使い勝手が良い「上品さ」「デザイン性」「機能性」を兼ね備えたアイテムは少ないと感じます。

金子眼鏡の調光レンズを搭載したサングラスは、男性だけでなく、女性にもおすすめのアイテムです。

カップルでそれぞれのカラーを購入し、シェアして使うのも素敵なのではないでしょうか。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

-ファッション雑貨・小物

© 2021 大人のためのファッションブログ