カジュアルファッション

ラベンハムとトラディショナルウェザーウェア、キルティングウェア2大ブランドを紹介!

投稿日:2019年1月28日 更新日:

こんにちは。

ファッションアナリストの七理悠介です。

 

前回、大人のメンズファッションにおすすめのアウターとしてキルティングジャケットをご紹介しました。

キルティングジャケットは大人におすすめのアウター!特徴や選び方を紹介!

キルティングウェアにも様々なブランドがあります。

その中から自分に合ったアイテムを探すのは大変です。

今回は、キルティングウェアでおすすめのブランドについてご紹介します。

 

キルティングジャケット2大ブランド、ラベンハムとトラディショナルウェザーウェア

キルティングウェアにも数多くのブランドがあるのですが、私のおすすめはLAVENHAM(ラベンハム)とTraditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)の2大ブランドです。

どちらもイギリスのブランドで、キルティングウェアとしての人気があり、セレクトショップなどでも毎年販売されています。

この2つのブランドのアイテムは、キルティングウェア初心者の方からは似たようなものに見えるかもしれません。

ですが、小さな違いが着た時に与える印象を変えるので、それぞれの特徴についてまとめてみます。

 

ラベンハム

ラベンハムといえば「ダイヤモンドキルト」と呼ばれる象徴的なキルトが特徴です。

これによりキルトの強度が増すだけではなく、見た目にも大きく影響を与えます。

クラシックな作りのものが多いので、モデルにもよりますが全体的にゆったりとしたシルエットです。

そのためトラディショナルウェザーウェアと比較すると、シルエットはゆとりがあり着丈も長めです。

 

モデルもたくさんありますがおすすめは以下です。

  • DENHAM(デンハム)・・・少し長めの着丈。ウエストに絞りが入っていないボックスシルエットで全体的にゆったり目。スナップボタンのため着脱しやすい。
  • RAYDON(レイドン)・・・デンハムと似ているが、比較すると全体的にタイトなシルエット。
  • LEXHAM(レクサム)・・・少し短めの着丈。スリムシルエットでボタンホール仕様。
  • DENSTON(デンストン)・・・長めのミドル丈。ウエストに絞りが入っていてボタンホール仕様。他のモデルがパッチポケットなのに対しスラントポケットを採用。取り外し可能なフード付き。

 

トラディショナルウェザーウェア

コートで有名なMACKINTOSH(マッキントッシュ)の旧名がトラディショナルウェザーウェアです。

現在はマッキントッシュ社の別ラインとしてデイリーウェアブランドの位置付けで展開しています。

モダンな作りのものが多いので、ラベンハムと比較するとスリムなシルエットで着丈は若干短めです。

 

モデルもたくさんありますが、こちらのブランドで個人的におすすめは1つです。

  • WAVERLY(ウェーヴァリー)・・・同ブランドの中で最も定番的なアイテム。スーツのジャケットが隠れるくらいの着丈。全体的にスリムなシルエットでパッチポケット。

他にもKINGSWAY(キングスウェイ)やDERBY HOOD QUILTED(ダービーフードキルテッド)などのモデルがあるのですけれども、やや難易度が高いアイテムなので特段の事情がなければウェーヴァリーがおすすめです。

 

 

両ブランドともキルティングウェアの中では定番です。

各ショップ別注をかけることが多いのですが、インライン(通常モデル)と比較すると別注品は、裏地の違いのみの場合が多いので見た目はほとんど変わらないです。(たまに表生地や中わたの変更・フードなしのモデルにフードが付くことがあります)

 

ラベンハムのデンストンが最もオン・オフのバランスが良い

上記のおすすめの中で個人的にお気に入りなのは、ラベンハムのデンストンです。

オン・オフ使いやすい各ディテールが揃っており、私も所有しています。

 

後ろはサイドベンツとなっていて、動きやすい配慮がされています。

 

フロントサイドはスラントポケット仕様です。

 

内側の両サイドにもかなり大きめの内ポケットが付いています。

 

フードは取り外し可能です。

 

フードを外すと雰囲気が変わります。よりカッチリとした雰囲気になりますね。

 

本当に使いやすいアイテムなので、どのモデルにするか迷ったらデンストンを私は特におすすめします。

 

ラベンハムもトラディショナルウェザーウェアも大人向きのキルティングウェアブランド

ラベンハムとトラディショナルウェザーウェアは、キルティングウェアの2大定番ブランドらしく、大人のメンズファッションに使いやすいアイテムが揃っています。

他のアウターでは対応が難しいシーンにも合わせることのできるアイテムが両ブランドにはラインナップされているので、ご紹介したモデルの中から好みのキルティングジャケットを探してみてください。

特に、コートやダウンとは違う特性を探していた方にはピッタリのアイテムだと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

-カジュアルファッション

Copyright© 普通の大人のためのメンズファッションブログ , 2019 All Rights Reserved.